2017年03月08日

入院生活13日目 妊娠32週5日日

入院生活13日目 妊娠32週5日目  

夜中お腹の痛みもなく無事に朝を迎えることが出来た。
やはり、お通じがでたいという痛みだった。
6時過ぎ朝の心音確認に看護師さんがやってきた。
元気ですねー。いつもは、なんとなく6時前に目が覚めていたが今日は前の方の心音確認で目が覚めた。

7時前にナースコールを押して、トイレへ行ってきた。
昨日の夜に続き、お通じが少し出た。でも、まだ完全にスッキリはしない…でも、出たからヨシとしよう!


こんな時、自由が効かないという不便さを感じる一瞬である。 
でも、仕方ない。これも、無事に早産ではなく産むためだ!
 
朝主治医の先生がやってきた。 
お通じが出にくい??
(助産師さんからのメモを見てくれている)
昨日の夜お腹痛くなり少しだけ出た旨伝えたところ、お通じ柔らかくする薬処方しましょうか?って言われたので
下剤ですか?と聞いてみた。

いやっ、お通じを柔らかくする物だからちがうよって…あんまり力んでも欲しくない。
そうなんだー!それはまずいと思い
お願いしますと伝えた。
飲むタイミングは。任せると言われた…
 
診察前にトイレへ行き、お通じが出た。

診察。12o。変わらず…
先生に病室代わって部屋の洗面台まで少しだけ距離があるんですけど、歩いて平気ですか?と聞いてみた。
んー、大事を取るなら歩かない方がいいかな。正直距離ないからそんな変わりはしないと思うけど…

私は、ですよねー、歩いて後悔するよりいいかなーと思うので、大丈夫です歩かないですと答えた。
午後エコーやりますねっ…

午前中の回診時間。
主治医だったため、話すこと特になく終了…

夕方主治医の先生が来て、エコーやりましょう!
外来まで車いすで一緒に連れて行ってもらい、いざ…

体重1900グラム。標準。
先生の時間があったため、ゆっくりいろんなところを診せてくれた。
これも入院しているから、ちょっとした気分転換のために、やってくれているのだろう。有り難い。

心臓、手、足、指、オチンチン、
顔も見れたがなんとー、赤ちゃんが下がってきているため、詳しく見ることができなかった。
37週位の人と同じくらいの位置に赤ちゃんがいるらしい。

基本、横になって安静。
座ることも極力減らした方がいいかもって言われた。
今、安定しているからこのままの調子でいれば大丈夫。
後は、張ってることに気付きにくいからそこだけが不安だな。でも、毎日内診してるから大丈夫です!と言ってくれた。

後、2週間頑張るのみ!
絶対、大丈夫大丈夫!大丈夫!

夜マグミット錠が処方された。
飲むタイミングは、自分のタイミングでオッケーとのこと。
念のため、夜飲んでみた。

恒例の夜のモニター
今日は、私担当のベテラン助産師さんが夜勤の為、付けてくれた。
一発で赤ちゃんの心拍確認。さすがです。ベテラン助産師さんが担当って、ホント心強い。
モニター中も張りは一度あったがすぐおさまった…
この調子で一日一日前に進んでいこう❗

posted by スマイル at 06:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

入院生活12日目32週4日目 

入院生活12日目32週4日目   
 3月6日
今日も朝日が眩しそう。

朝の心音確認に看護師さんがやってきた。動いてるねーって

朝食後、主治医の先生がまわってきた。
どうですか?って
昨日、助産師さんにお産に向けての説明をしますねって言われました。
てことは、少し安定したってことですかー?とちと聞いてみた。
そしたら…短めの安定でって言われた。
まっ、短いけど安定してるってことだと解釈。

診察。主治医の先生ではなかった。
何センチと言われなかったが、私も聞かなかった。言われないと言うことは、変化ないということだと判断した。
その後、モニター中に体温、血液採取がやってきた。
緊急騒動時対応してくれた看護師さんが採血。
今日何センチと言われた?と聞かれたので、今日言われなかったんです。言われないと言うことは、変化なしということだと解釈しましたと話したところ確かにーって言われた。

他の看護師さんに、お腹の張りはありますか?って聞かれたので、今張ってないです。 
最近、張ることがわかるようになりました。
って話したところ採血してくれた看護師さんがそれは、点滴で張り抑えてるから、張ることが減ったから張るが分かるようになったんだと思うって…
私もそうだったからぁーって言われた。
見た目若いからママとは思わなかったー!

回診。部長(女医)さんがまわってきた。どうですか?
大丈夫です。落ち着きましたと話したら頑張りましょう…って!

同じ病室内の人がどれ位の週数なのか知らなかったが、ほぼ同じような週数であることが判明した。
週数は同じくらいだけど、人によってホント症状それぞれなんだと感じた。 
車いす生活は、私のみ。一昨日まではもう1人も同じく車いす生活だったが診察の結果、解除された。

夕方、主治医の先生がやってきた。
朝の診察で何センチか言われなかったけど、言われないって事は変わりないと思って聞かなかったと話したら…たしかに…
変わってなかったと思う。と言われた。
そろそろ、エコーをやろうと思います。3Dあるのでそれもやろうと思う。どこでやるんですかー?と聞いたところ外来へ行って行うと言われた。
3Dあるんだーと私は驚いた。
入院してる人の少しでも楽しみが、出来ればと思ってと言われた。だから、明日楽しみにしててください…😄

夜のエコーの時間がやってきた。
これまたよく動いた。看護師さんによく動くねー。しかも、お腹も大きくなったねー楽しみだねーと言われた。

エコー終了後、なんとなーく左腹が痛い…
おそろく2日間お通じが出てないからだと思う。
鉄剤を飲むと出にくくなると説明を受けていたのでそれでだと思う…
でも、念のため看護師さんに報告。
陣痛?と言われ…???陣痛わからないです。生理痛みたいな感じと聞かれたが、生理痛がない私は生理痛ないのでわかりませんと回答した。
私は、ちと驚いた。まさかぁー…多分お通じが、出てないからだと思うと伝えた。
数分後、トイレへ行ったところほんのわずかだが、お通じが出た。

看護師さんにその旨伝えた…
痛みが続くようだったらまた教えてと言われた。
下剤処方してもらう?と聞かれたので、下剤飲んだことないし突然トイレ行きたくなるのはちょっと…と話した。
 明日の朝、鉄剤飲みたくない旨話したところ、先生に処方されたものだから…先生に手紙書いておきますと言われた。
お腹の痛みも治まってきた。お通じが出たかったんだろう。でも、まだスッキリはしていない。溜まっている感じがする。
でも、何事もなく朝を迎えたい。

posted by スマイル at 06:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

入院中のウィッグ生活

ウィッグ生活になり始めた29歳。あの当時は本当に辛くて自分を受け止められないこともあった。
でも、すでに、気持ちが前向きにポジティブに考えることが出来るようになった。

そのため、今ではウィッグ生活であることに抵抗はなくなった。
そりゃー、自分の髪の毛の方が良いけど生えてくるまでは今の自分を受け止めるしかない。自分が受け止めなかったら何も始まらない… 

入院生活1日目の夜に看護婦さんに、
私ウィッグしてるんですけど、夜中見回り事来ますか?と聞いたついでに、
夜中、外して帽子で寝たいんですけど大丈夫ですか?と聞いたところ、
大丈夫ですよ!と返答してくれた。

病院は、いろんな事情を持って入院している方がいるから、看護師さんはなんの驚きもしないんだろう…

私は、安心して外して寝た。
が、しかし、4日目位から外して寝るのが面倒になり、そのまま寝ているのが現状。
付けたまま寝ると、自分の髪の毛があった頃を思い出す。懐かしいな。

早く生えてこないかなと常に頭の片隅で考えている毎日である…

posted by スマイル at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院生活11日目32週3日

3月5日日曜の朝を迎えた。

病院で迎える2回目の日曜日。
今日も朝日が眩しそうである。
元々トイレが近い私は、早速朝一ナースコールを鳴らしお願いした。
看護師さんに自由聞かないってきついですね…と言われた。
そうなんです…
でも、これも元気な赤ちゃんを産むため頑張るのみです。

朝の診察。
今日は、主治医の先生出勤日。
頸管長短いは短いけど、このまま週数増やしましょう!と言われた。
先生に朝の心音確認時、看護師さんに他の人と比べて心音の確認位置が下だね。赤ちゃん下がってるのかな?…と言われたことを
不安になったため先生に聞いてみた。
毎日診察してるし、赤ちゃんの位置は体勢によっても変わるから、心配することないです!と言われ、一安心😄

午前中のモニター終了。
モニターを取り外しに来てくれた助産師さん…この助産師さんは、里帰り出産の予約をした際に外来で対応してくれた。
且つ、入院する際に対応してくれた方である。
するとその助産師さんから、退院するまで担当になると言われた。
いい人で良かったー!
この助産師さん子供4人も産んだらしい。
私自身32週で産まれたんですよ。昔だから今より医療発達してない時に、早産。でも、今こんなに元気…って!

何かあったら何でも相談してと言ってくださいました。心強い。

15時前にウテメリン点滴の交換を実施。
点滴(針を刺している箇所)も感染予防のため、1週間くらいで針の交換を行うらしい。
実は、私は入院以来今日が初交換。
針のところが、数日前に血が滲んできたこと看護師さんに伝えたところまだ大丈夫です!と言われ…
昨日、テープ交換だけしてもらいました…と話したら驚いていた!
本来は、もっと早く変えなきゃなんだよーって意味??なんだろうなきっと…

針交換時、私の血管は、太いらしく見つけやすくて良いわと言われた。

夕方、トイレに行くためナースコール。
担当の助産師さんが連れて行ってくれた。
その時、木曜シャワー入ったけど、髪の毛洗いたいよね…と言われたので、わたしはウィッグなんですと伝えた。 
そしたら、そうなんだーでも、洗いたいときあったら、声かけてと言ってくれた。頭皮も油溜まっちゃうしね…
夜寝るとき外して寝てるときもありますと伝えた。 
何か困ってるとかなんでも何かあったら話してねと言ってくださり本当に心強い。

夕方、また担当の助産師さんが来てくれた。
今度は、今までは週数を増やすのをメインでいたが、これからお産に向けてのプランへ変更していこうと思うと説明を受けた。
これは、少し落ち着いたという証だと感じた。

明日、お産に必要な物、分娩室の見学等について説明したいと思います。言われた。

恐らくこのまま退院せず、出産になると思いますと…仮に35週で退院してすく破水してまた入院となるよりいいかな…

貧血の薬を服用して2日、副作用でお通じが出にくくなるとは聞いていたがまさに2日でていない。普段も2日出ないことはあるため
そこまで気にすることではないだろう…

夜21時モニター実施。モニター中張りは一度あった。でも、すぐ収まった…

病院は面会21時まで、消灯22時。
毎日22時には、電気を消すため寝る時間が早くなった。
入院する前は、毎日テレビを観ていたが入院してからはそこまで観ることはない。
暇なときは、少女漫画を読んでいる。少女漫画を読むなんて何年振りだろう…


posted by スマイル at 07:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

入院生活10日目 32週2日

入院生活10日目 32週2日

病室を移動したからなのか、昨日は熟睡出来ずにいた…
朝7時前看護師さんが赤ちゃんの心音を確認に回ってきた。

回ってきた看護師さんは、私の知りあいのおばさんに雰囲気がよく似ていて好きなんです。
夜中いなかったので、今日朝一より出勤されているんだ…と思うと看護師さんの有り難さを改めて感じます。

看護師さんに部屋変わったんだねーと言われ、心音確認した後、トイレ行っとく?まで親身に対応してもらい本当に感謝。

一昨日シャワーに入れたときも、その看護師さんだったので、昨日は診察どうだった?と聞かれたので、昨日は一昨日より、短いと言われました!と話したら、
シャワーは、個々の体調が良いときに、主治医の先生がオッケー🆗してるみたいだからそんな心配しないで!と話してくれた。

回診。今日は女医さん。昨日より数ミリ伸びてるねと言われた。一安心。

後、3週間位だけど頑張りましょうねと…
その後のモニターいつも赤ちゃん動きすぎて心拍探すのに大変だが今日はすんなり見つかった。
且つ、20分くらい動かなかったので珍しくねていたんであろう。そのあとは、バンバン動き始めた……
モニター終了後、トイレに行った後ナースステーションを通過するため、先週の緊急搬送騒動の時にいた看護師さんと話、もう外は少し温かくなってきたよーと言われた…

そうですよねー全然わからないです。
ストレス溜まるよねーと言われたので、
大丈夫です。先週の騒動に比べたらたいしたことないです!て返答したら…たしかにって言われた。
本当に、確かにです。

ウテメリン点滴の交換を行ったため、再チェックを緊急搬送騒動のときにいた看護師さんがきてくれた。
その際、点滴のテープ部分に血がにじんできたので確認してくるねーって言ってくれた。昨日くらいから、にじんでいたがほかの看護師さんに、まだ大丈夫と言われた!って伝えた。
看護師さんは、木曜日にシャワー入ったことを知らなかった、気を遣ってくれて髪の毛だけでも洗う?と言ってくれた。
私は、木曜入れたんです。
頸管長4センチと言われ、主治医の先生がオッケー🆗してくれたんです!と伝えたら…
喜んでくれた。よかったーっと
でも、4センチつて急に伸びたねーと驚いていた。
看護師さんは、本当に親身に対応してくれて嬉しい限りです。 
この病院にして良かったとほんとうに思います。

三時過ぎに、母親が来た。母親の友達の娘さんも1月に同じ病院で出産をしたらしい。
その方の家の近くに病院はあるが、そこにせずあえてこっちの病院にしたと…
それは、こっちの方が綺麗だし一番の理由は、看護師さんとか病院の方みなさんいい方が多いからとの理由らしい。
確かに、いい看護師さんたちばかりです。


posted by スマイル at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院生活8日目 32週0日

32週0日 
朝主治医の先生が来てくれた。
お腹の張りはどうですか?
昨日張ってたけど今は大丈夫ですって返答。
また、後で診察しますね…

診察は、主治医ではなかった。
外来診療でもやっているのかもしれない…
診察の結果、悪化はしてない。 
頸管長4センチと言われた。
後、2週間は頑張りましょうと…

この1週間完全安静にしてたおかげで落ち着いた気がする。

朝のモニターをやる際、やはり赤ちゃんが活発すぎて心拍がすぐに見つからず、ベテラン看護師さんが見つけてくれた。
モニター中お腹の張りは一度あったけれど落ち着いていた。

お昼前に主治医の先生がやってきた。
車イス移動には、変わりないけど今日シャワーオッケーですと言ってくれた。
シャワーに入れない日はウェットタオルで拭くだけである。
1週間振りのシャワー。

座ってになるが、1週間振りのシャワーはスッキリ。
お風呂の有り難さを痛感。
そう考えると地震の時、入れなかった人は本当に大変だったんだなと改めて感じた。

夜間の看護師さんが挨拶がてら様子を見に来た。
私は、シャワーに入れた嬉しさでシャワーに、入れましたーと伝えたところ入院早々大変なことあったから、落ち着いて良かったですねと言ってくれた(笑)


入院生活9日目 32週1日
3月3日ひなまつり
今日は、晴天。 
でも、外の気温は分からず…
夜中膝が冷えてからなのか目が覚めた。
窓側のため、冷えるのだろう…
朝の赤ちゃんの心拍確認は問題なし。

朝食556キロカロリー
ご飯、みそ汁えのきわかめ、いわしの鰹煮、ブロッコリー、もやしといんげんソテー、ヨーグルト

お昼前、薬剤師さんがやってきた。
昨日の採血で貧血でひっかかったので薬を処方します。と言われた。
初期症状なので自覚症状はないかもしれない。
且つ、妊婦さんは貧血になりやすいと説明があった。
1週間後また採血して問題なければ薬は飲まなくなります…

お昼に看護師さんがやってきた。
ご相談がありますと…内容は、お部屋を移るかそのままかとのこと。
入院当日、病棟内ベットが埋まっていたため、赤ちゃんが産まれた人と同室だったらしい。
うるさくてごめんねと言われた。 
そんな気にならないけど…
どっちがいいですかと言われたので、私は、動けないのでお任せしますと伝えた。
看護師さんにありがとう!と言われた。

結果、赤ちゃんは赤ちゃんいる人同士の方が気を遣わないだろうとのことで移動することになった。
病室移動。ベットのまま移動のため、私は寝たまま病棟の廊下を通過した。

夕方主治医の先生がやって来た。
その際、朝の診察で昨日より短くなってるけど大丈夫ですと言われました!と話したら夜また来てくれた。
確かに、昨日より数ミリ短くなってるね。安静にと言われた。
明日は休みだけど日曜はいますって… 

昨日、今までで一番良かったから、シャワー許可が出たがそれが影響したのか?と思ってしまう。
一先ず安静にするのみ。
歯磨きも病室内の洗面で行っていたが新しい病室は、洗面まで数歩あるくことになる為、夜からはトイレに行くついでに歯磨きをしようと決めた。

早産にならない為に、小さいことの積め重ねをすると決めた。
これで大丈夫!乗り切れる。

ひなまつりということで、夕食はちらし寿司が出た。

posted by スマイル at 09:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院生活7日目

31週6日目
今日は、3月1日水曜日 
 
診察は、変わらず。
この調子で35週まで頑張りましょうと!

先生に、入院生活慣れましたって聞かれたので慣れました。
先週土曜の管を経験し緊急時対応の話も聞いたので、今は全然大丈夫ですと話したところ…
あれはね…ビックリしたよね。

35週まで入院確定だと思うので頑張りましょう!と言われた。

先生に、切迫早産だと35週過ぎたら、すぐ産まれたりするのか聞いたところ、産まれる人もいればそうじゃない人もいますよ!と言われた。

夕方主治医の先生に会った時、 
今日はいつもより張ってる事が多いです!と話したところ、夜モニターやりましょうと言われた。
(基本張ってることに鈍感な私なので、おそろく先生も驚いたのでは…)
 
朝の診察時の検査で、そこで居て欲しくない菌が居たらしく明日からその除去もしますねと言われた。

モニター装着。
昨日のモニターから、赤ちゃんはモニターをつけるとメッチャ動き心拍数が落ち着いて確認できないんです。
今日も看護師さんが一生懸命心拍確認して装着するもすぐ動いてしまう。
数分試みたが落ち着かず他の看護師さんが来て装着してくれた。
お腹の赤ちゃん、メッチャ活発だねーって言われた。

posted by スマイル at 09:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院生活5日目

月曜日の朝を迎えた。
入院生活人生初のため、最初はなかなか寝れなかったが段々と寝れるようになってきた。
朝主治医の先生が来て、大丈夫ですか?
今日も後で診察しますね…

午後になっても診察に呼ばれず、看護士  さんにもまだ呼ばれてませんと返答。
なんと、先生は緊急手術に入ってしまったらしい…
その後、違う先生での診察が行われ
現状維持と言われた。

ここの病院は、数日おきに?回診がある。
女性の部長さんが回診に来た。
現在31週…
35週までまだまだだけど、頑張りましょう!って…

夜7時頃主治医の先生が来た。 
手術服ぽい服装であった…
どうですか?…大丈夫ですと答えた。 

入院生活長引くと思うから、暇つぶし見つけてくださいねと言われた。
編み物やる人、DVD観る人それぞれですよ…
私はわかりました〜。
管が外れただけで、ストレスなくなったのでこのまま頑張りまーすと答えた。

先生に頸管長が長くなることあるんですか?と質問したところ、長くなることあります。ただ、長くなることを考えるより現状維持することを考えましょうと言われた(笑)
まぁーそうですよね…


入院生活6日目
朝の診察は、現状維持。
必要な処置を行ってベッドへ戻った。

病室は4人部屋。母子同室。でも、同じ部屋の赤ちゃんは静かでビックリ。
入れ替わり新しく入院する人がやってくる。 
みなさん入院する理由は、人それぞれ…

夜、夜勤担当の看護士さんがモニターをつけにきてくれた。
モニターは、朝晩行っている。
日によっては増えることもあり。
モニターつける際、入院生活どうですか?慣れました?と聞かれた。
慣れました。人によっては、16週から切迫早産で入院する人もいますよとはなしてくれた。
私は、上には上がいるんですね…と話したところそうなのよー。そう言ってみなさんを元気づけてると言われた。
確かに、それを聞くとまだ私はと思って頑張ろうという気持ちがつよくなった(笑)
モニター装着完了。

がしかし…赤ちゃんが活発すぎて上手く心拍数が取れず…三度位動かしてみたが落ち着かず(活発すぎるらしい)
看護師さんが今日はお腹張ってないし、赤ちゃん活発がわかったのでモニター終了と言われた。

入院当日は、入院という言葉で頭がいっぱいできちんと話を理解してないことがあり、落ち着いた今気になることを聞いてみた。

暑くて汗かくんですけど…と話したところ、点滴ウテメリンの副作用で汗かいたり、手が震えるとかあります。暑かったら水枕とかあるので
言ってくださいねと…

そういうことかぁ!だから、毎日汗かくんだと理解した。 
気付くのに遅い私である…
・35週になったら、退院することもあるんですか?

ありますよ。ただ、頸管長短くなってる人はそのまま出産となる人が多いかな…
多分私そうだ…そうなると、予定日より早く出産となる…
一先ず、今は一日でも長くお腹に居てもらうために安静のみ。

posted by スマイル at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院生活4日目

今日は日曜日。
主治医の先生が出勤しており、朝一私のところへやって来た。
なんか、バタバタしたみたいだね。ごめんねと…

後で診察します。まだ診察してないからなんとも言えないけど、今の状況はやりすぎかと思う。管入れるまでは必要ない…
私はそれを聞いて少しホッとした。

数分後診察。
主治医の先生が診察した一昨日の時と、変わってないと言われた。
一先ず、管外します…
私は、ホッとした。
看護婦さんも夜勤等で毎日変わるため、来てくれる人みなさん。管外れたんだね…よかったねと…

私は、はい。ストレスなくなりましたと返答。
管を入れた大変さを味わった私は、トイレに行くためのナースコールは、気兼ねなくお願いしようと決めた。

嬉しいことに友人、後輩が病室に会いに行きたいと言ってくれていたが、緊急搬送があるかも…と言う話が出た為、念のため、落ち着いたら連絡するねと保留にさせてもらった。


posted by スマイル at 08:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院に向けて…

外来に、入院病棟の看護婦さんが車イスでお迎えにきた。
まず、分娩室に運ばれ、そこでモニターをつけて赤ちゃんの心音確認、張り確認。
その後昼食を取り、病室へ移動。

入院する病院は、35週からでないと対応していない。
それ以前に産まれるとなると緊急搬送になると告げられた。

そうならないように頑張りましょうと主治医の先生に言われた。

状況によって点滴などの対応をします。
今日のところは、安静!

入院生活二日間
朝の診察の際、昨日の外来検診したときより子宮口がひらいてるということで点滴を開始。
尚且つ、トイレも車イスと言われた。
入院生活も初めて点滴も初めてはじめてづくし…

でも、幸いな事に、看護婦さんたちがみなさんいい人ばかりなので救われました。
車イスだと、ナースコースしなければいけないから、トイレ我慢とか水分我慢しがちだと思うけど、遠慮せず押してくださいと言ってくださいました。

三日目
なななんと、今日は土曜主治医の先生お休み。他の先生が診た。
なんと…子宮口ギリギリかも…と言われ点滴量ウテメリン倍に増やします。
尚且つ、トイレ移動も禁止。
悪化をすれば緊急搬送もありえますと言われた。

私は焦るばかり…看護婦さん達も土曜だから万が一で話してると思いますと言ってくださいました。
管を入れることになったことが先生から看護婦さんに伝わり、大変だけど頑張ろうと… 顔が曇ってるよと言われました(笑)
その後、管投入…違和感ありあり。
でも、仕方ない。 
早産になりたくないし、転院もしたくないので頑張りますと話した。
一先ず、親へメールで連絡し、慌てて駆けつけた。幸い弟の家が病院まで車で5分。何かあったら弟にも助けて貰うことにした。
弟も駆けつけた。
万が一に備え、母親に俺家泊まっても良いよと言われていたが、準備してると大丈夫な気がすると私が話泊まらず帰ることにした。
実家からも空いていれば15分かからずの距離である。

夜中、お通じがしたいかも…
ナースコースを押すと
なんと、動けない為、ポータブルトイレをベッド横に持ってくるのでそこでしてくださいと言われた。
マジかぁ…ベッドが窓際なので窓際に置いて欲しいとお願いしたところ、点滴左にしてるから、届かないと思うと言われベッド左側へ。
セットされたことで安心したのか落ち着いたため、そのまま朝を迎える。

posted by スマイル at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする