2017年03月26日

入院生活30日目 妊娠35週1日

入院生活30日目 妊娠35週1日 
3月24日金曜 
今日は夜中2回もトイレに目が覚めた。
 夜中トイレに行った際、分娩室の入口に両親と妹?姉?だか三人おそらく産まれるのを待っている人がいた。 
でも、確か、夜中は旦那さんしか居れないはずだが特別?と思いながらトイレを終えて、出てきたら分娩室に呼ばれて入っていった。朝、起きたら点滴量が15に減っていた。

 夜中に点滴が無くなり交換した時から変更になっていたんだろう… 
 朝主治医の先生が来た。張りどう?と聞かれたので、夜中2回くらい張って目が覚めたこと伝えた。
点滴量減らしたから夕方張り替えしがあるかもしれないと言われた。

 診察。女医さん。ここまで来ましたねー頑張りましたって… 
頸管長短いは、短いけどよく頑張ったって…後は、どれだけ週数延ばして産むかだねって言われた! 

モニター時間。2回張りはあったが無事終了。 

その後部長(女医)さんの回診。
 ここまでよく頑張りましたって!モニターの結果を見て、この週数だったらこの張りは問題ないねって!
 一緒にまわっていた副看護師長さんはまだ歩けること知らなかったみたいで、話したら良かったねーって言ってくれた。

 みなさんのおかげです。

 今日は、11時頃病室内がバタバタした。
同じ病室に後から入院してきた子(恐らく19才)、数日前からずっとお腹が張っていて点滴量も増やしてはいたみたいだが、収まらずその子の主治医が来て、緊急搬送だと言われていた。
入院している病院は、NICU対応ではないため。私は、入院した一ヶ月前を思い出した。入院した2日後が土曜。その夜もしかしたら、緊急搬送になるかもしれないと言われバタバタしたが、無事朝を迎え主治医の先生が出勤だった為、すぐ来てくれて、診察の結果主治医の先生が診察したときと、状態に変わりはないとの結果で管は外してくれた。 

今でも、鮮明に覚えている。
そう考えると車イス生活で無事に過ごせたことに感謝。 
母親が来て、退院したの?と言われたから転院したって話したら…あなたは転院にならなくて良かったわねーって言われた。

 夕方主治医の先生に連れられ外来へ行きエコーをやってきた。
 先生に、同じ部屋の子転院しちゃいましたねって話したらそうみたいだねーって、私は転院にならず良かったと思いましたーって伝えたら、緊急搬送になりかけたけどねって笑ってた。
 今だから笑い話にできまーす。 
体重2200グラム。標準。 
顔はなんと下がっていたため、見れなかった。4Dで背骨だけ見ることができた。
 標準なら一安心。 
帰りのエレベーターの中でもう35週越えたから不安ないでしょ?と聞かれたので、ないですと答えた。
 万が一、今産まれたとしてもここで産めるので不安ありませんと話したら、先生また笑ってたー 笑 

今日はマグミット錠朝と夜飲んだ。
 お通じも2回。
まだ溜まっているんだろな…でも、マグミット錠の効果なのか若干だが、すんなりお通じがでるようになった気がする。
もう少し飲み続けて様子を見よう。

【関連する記事】
posted by スマイル at 06:37| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。