2017年03月05日

妊婦検診

里帰り出産予定の為、ギリギリまでは住んでいるところで妊婦検診をしていた。
先日、定期検診に行ったところ子宮口が開いている。
早産になるならないの判断は難しい。
早産対応している病院に転院しましょうかと告げられた。
里帰り出産する旨伝えたところそうだったねっ!
早く帰省出来るならして、出産先の病院で見て貰いましょうとなった。
しきゅうの張り止めの薬が処方された。


数日後、里帰り出産先の病院での検診日。

子宮口が開いているため、このまま入院と告げられた。
現状どうなっているか詳しく説明してくれた。

偏見かもしれないが、住んでいた場所での、検診の際いろんな事について詳しく説明を受けることがなかった。
わたしも聞かないのが悪いのかもしれないが何を聞いていいのかわからずそのままにしていた。
気になることは、確認していたが…

それと比べると、里帰り出産先の病院ではエコー
を見ながら細かく説明してくれたり、入院する経緯も子宮口の絵を書いて、丁寧にわかりやすく説明をしてくれた。
やっぱり都内が一番と感じてしまった瞬間である。


【関連する記事】
posted by スマイル at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。