2015年11月17日

ウィッグでも結婚式が出来た事が嬉しい

今年6月結婚式を挙げました。
たまたま空いていた6月の大安ぴかぴか(新しい)

場所は、昔から挙げたいと思っていた場所「ホテル椿山荘」
神前式ハートたち(複数ハート)

打ち合わせ、ドレス選びの際は、ウィッグ生活であることは打ち明けずに過ごしてきた。
メイク、髪型の打ち合わせの時には、さすがに話す必要があると思い、担当のプランナーさんへウィッグ生活をしていることを伝えた。
プランナーさんは、驚きもせず、
「そうなんですね。大丈夫ですよ。私から担当にその旨伝えておきますね。話してくれてありがとうございます。」と言ってくれた。

私は、気になり思わず、
「ウィッグで結婚式を挙げる人って結構いらっしゃいますか?」と聞いた。
返答は、
「理由は、人それぞれ違いますが結構いますよ。だから、大丈夫です。」
私は、なんとなくホットしてしまった(笑)

メイク、髪型の打ち合わせに行った際は、個室で対応してくれました。
(元々個室なのかもしれませんが・・・)
神前式は、かつらを被る為何の心配も要らない。
問題は、ドレスを着る時の髪型。
私は、結婚式用にと使わなくなったウィッグを捨てずに保管していたものを2個持参。
髪型は、「アップ」ではなく、「ハーフアップ」で決定るんるん
当日使うウィッグについては、そのまま式場に預けた。
担当の方が、当日まで形が崩れないようしっかりセットしておいてくれるとのことでした。

メイクについては、つけまを持参の上打ち合わせに臨んだ。
ウィッグ生活になってからは、毎日メガネ生活をしています。
本当は、コンタクトがしたい。でも、出来ない。
理由は、睫毛がなくて目にゴミが入り易いからです。
でも、結婚式はメガネではなくコンタクトと決めていた。

髪型、メイクも決まり残すは当日を待つばかりかわいい
posted by スマイル at 14:03| 東京 ☁| Comment(0) | ウィッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする