2015年11月09日

数年間歯医者に行けなかった

毛が抜けてウィッグ生活になってから、私は歯医者に行けなかった。
気持ち的な部分は、ボジティブになっていたが、歯医者には行きたくても行く勇気がなかった。

理由はexclamation
「治療中にこの人ウィッグ被っているんだとか、まつ毛ないんだ」とかいろいろ思われたくないからです。

その為、歯の治療を数年間放置。
詰め物が取れても行けず、そのままにしていたため、昨年ついに顎の調子がおかしくなった。
あくびをするときや、単純にご飯を食べるだけなのに噛み合わせが悪く顎が外れそうな感じを経験し恐怖を感じ、数年放置していた歯の治療へついに行く決断をした。

幸い、親近者に歯医者の人が出来たこともあり緊張することなく治療してもらった。

診察をしてもらった結果、詰めていたものがなくなった影響で噛み合わせがおかしくなり、顎がずれていたとのこと。
マウスピースを作ってもらい、装着の上、就寝したところ、10日程度で顎のおかしい感じは解消された。

歯の治療は放置してはいけないと感じた瞬間です。

歯医者の先生曰く、まつ毛ないとか、ウィッグを被っている患者さんが来たとしても、歯の治療がメインのため、何も感じないし何も思わないと言われた。
(※人それぞれだと思いますが・・・・)

私と同じようにウィッグを被っているがために、歯の治療にいけないと思っている人がいるならば、勇気を出して治療に行ってほしいと思います。
治療を放置し痛くなってから重い腰をおろすのでは、大切な歯を失う可能性があります。

そんなことを言われても、行けないと思う気持ちは十分理解できます。実際、私がそうでした。
でも、行ってほしい・・・

posted by スマイル at 13:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする